Doorkeeper

スコラ・コンサルト × ギルドワークス による「ひと花イノベーション」の咲かせ方

2016-03-23(水)14:00 - 17:30 JST

株式会社スコラ・コンサルト会議室

東京都品川区東五反田5-10-25 さいせい池田山ビル3F

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

詳細

その事業を自分たちがやるべきたしかな理由がありますか?

IoT、機械学習、FinTech、インダストリー4.0…昨今注目を集めている
事業のキーワードを挙げ始めるとキリがありません。

しかし、新しいテクノロジーやビジネスモデルの躍動にのみ目を奪われて
外部に安易に事業のタネ を求めているとすれば、他社にはない独自性
や優位性を獲得することは永遠にできません

はじめようとする新規事業やサービスに 他ならぬ自分たちがやるべき理由
見い出すことができないままでは、仮説検証もプロダクトづくりも
早晩、行き詰まってしまうことでしょう。

「土壌(事業環境)」 × 「独自のタネ(事業アイデア)」 = 「ひと花」イノベーション!

今回、提案する 「ひと花」イノベーション とは、
組織の中で培ってきた「土壌(事業環境)」と
時代・環境に適応できる「独自のタネ(事業アイデア)」を掘り起こし
事業やサービスとしてカタチにするための仮説検証型事業づくりの枠組みです。

「事業に一つだけの花」を咲かせるための2つの作戦

「ひと花」イノベーションは大きく2つの作戦から構成されます。

<価値発掘>

・自社ならではのタネと土壌を、時代・環境に合致するように「価値」として発掘。

<価値探索>

・芽が出る可能性(顧客に本当に必要とされるか)を短期間でスピーディに検証。
・検証結果を踏まえながら、事業やサービスの構想に必要なプロダクト開発も行なう。
・発芽から生育して「ひとつだけの花」が咲くまでフォローアップ。

スコラ・コンサルト × ギルドワークス による提供

「ひと花」イノベーションは、
組織の風土・体質改革を通じて経営課題の実行・解決を30年間進めてきたスコラ・コンサルト
正しいものを正しくつくる」を掲げ、仮説検証とプロダクト開発を提供するギルドワークスが、
協働してサービス提供を行います。

こんな方にお勧めします。

  • 企業としての生き残り、競合への優位性のために新たな事業開発や新規サービスの立ち上げの必要性を感じている方
  • 一方で、新しい取り組みによって、既存事業の進捗を止めるわけにはいかないというジレンマに陥っている方
  • 既存の固定化したリソース(人材、商品、技術力など)を活用しながらも、従来の延長線上にない事業刷新をトップから求められている方

アジェンダ

  1. 「ひと花」イノベーションの概要ご紹介
  2. 「価値発掘」の紹介と事例 <野口>
  3. 「価値探索」の紹介と事例 <市谷>
  4. 仮説キャンバスによる仮説のまとめ方実演 <市谷>
    ※参加者で希望する方(1社)とライヴでやりとりしながら、その場で仮説構築を行います
  5. 全体の質疑応答、対話

発表者プロフィール

野口正明

日本とアメリカの大企業で商品開発、生産管理、HRMの職務を経験後、2006年スコラ・コンサルトへ。
チームによるイノベーションが主な支援領域。とくに大企業の事業部において、事業/組織に備わる
本来価値を「発掘」し、時代・環境に対応するイノベーティブなテーマ創出と実行スタートの支援に
知見と実績を持つ。食品、製薬、化学、機械、金融、保険、商社、IT等の大手企業を多数支援。
近著:『組織の未来をひらく創発ワークショップ』(経団連出版)

市谷 聡啓

システム企画案やサービスのアイデアからのコンセプトメイキング(プロダクトオーナー支援)や、アジャイル開発の運営・マネジメントを得意としています。
プログラマーからキャリアをスタート。SIerでのプロジェクトマネジメント、大規模インターネットサービスのプロデューサー、アジャイル開発のマネジメントを経て、ギルドワークス代表に。それぞれのフィールドから得られた実践知で、ソフトウェアをお客様・開発チームと共創します。

問い合わせ先

info@guildworks.jp

コミュニティについて

ギルドワークス

ギルドワークス

ギルドワークスが主催するイベントのためのコミュニティです。

メンバーになる